0

setup virtual environment (Ubuntu 14.04) on Windows 10

The procedure is like

  1. install VirtualBox
  2. install Vagrant (ver. 1.8.1)
  3. setup Vagrant

You can see a list of available OS here.

The above 3rd step is executed via command prompt as follows:

# install OS
vagrant box add ubuntu14.04 https://github.com/kraksoft/vagrant-box-ubuntu/releases/download/14.04/ubuntu-14.04-amd64.box
# install guest additions of virtualbox
vagrant plugin install vagrant-vbguest
vagrant vbguest

# make a directory for Vagrant setup file
mkdir myhost
cd myhost
# initialize (generate Vagrant file)
vagrant init ubuntu14.04
# boot the virtual OS
vagrant up
# login via ssh
vagrant ssh
# shutdown the computer
vagrant halt

In the above code, my virtual OS is ubuntu 14.04 server and is named as ubuntu14.04. You can use any name and any OS by setting vagrant box add VIRTUAL_COMPUTER_NAME ADDRESS_OF_AVAILABLE_OS_ON_GITHUB.

To login the installed guest OS, both user name and its password is vagrant

Advertisements
0

VirtualBox installation on Ubuntu 12.04

this is not on VirtualBox installation on Ubuntu 12.04, which is based on this.

sudo apt-get -yV install dkms
sudo gedit /etc/apt/sources.list # add the following line at the end of /etc/apt/sources.list

  deb http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian precise contrib
wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian/oracle_vbox.asc
sudo apt-key add oracle_vbox.asc
sudo apt-get update
sudo apt-get -yV install virtualbox-4.3

 

0

Virtualboxの使い方

久しぶりにvirtualboxを起動してCentOSの感触を・・・なんて思いついたのがそもそもの間違いだった.

virtualboxのwindowから抜け出す方法を忘れていた・・・”以前ブログにやり方をアップしてたはずだから”と思ってブログを見ようとしたけど,寮からbloggerにつなげない事実に気付く.
結局,起動した3分後にシャットダウンするという,何とも言えない事をして終了.
0

Kernelのアップデート

昨日Guest Additionsのインストールに失敗した.
その時のwarningメッセージによると,現在のKernel(2.6.18)ではダメで,2.6.27より上位のKernelじゃないとダメ.
というわけで,今日はKernelのアップデート

  1. kernelのソース(2.6.27.31)を入手
    # wget ftp://ftp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.6/linux-2.6.27.31.tar.gz
  2. kernelの展開
    # tar xzf linux-2.6.27.31.tar.gz
    # cd linux-2.6.27.31
  3. kernelの設定ファイルをコピー
    # cp /usr/src/kernels/2.6.18-128.el5-i686/.config .
  4. kernelの再構築
    # make menuconfig
  5. kernelのビルド
    # make
  6. ドライバのインストール
    # make modules_install
    ドライバ類は/lib/modules/にインストールされるらしい
  7. kernelイメージ等をインストール
    # make install
  8. ブートローダー設定(grub.conf)の変更
    # vi /etc/grub.conf
    default=1となっているので
    default=0と変更
  9. 再起動
    # reboot
  10. Guest Additionsのインストール
    再びGuest Additionsのインストールに挑戦
0

VirtualBox 3.0.4 on XP

CentOS上での開発が必要になったので,XP上にVirtualBoxをインストール

・インストール
以下のページからインストール用exeをダウンロード(今回はVirtualBox-3.0.4-50677-Win).

http://dlc.sun.com/virtualbox/vboxdownload.html#windows

基本的に設定はデフォルトのまま.
途中でWarning(ソフトウェアのインストールを続行するかどーか)が6回ぐらい出るが,無視して続行.
更にネットワークが更新されて,更新が終わるとインストールが終わるみたい(更新に時間がかかって不安になる)?

初回起動時にSun Onlineアカウントの登録フォームが出てくる(そのアカウントとパス駄目だよと言われたので諦める).

・セットアップ
CentOS 5.3 用の仮想マシンを作成

  1. 新規仮想マシンの作成
    起動->新規(N)
  2. 仮想マシン名とOSタイプ
    名前: centos53,OSタイプ: Linux,Red Hat
  3. メモリの割り当て
    ホストマシンに4Gのメモリを積んでるので,1024Mのメモリを割り当てる
    *一度設定を終わらせた後でも,割り当てるメモリは変えられる
  4. 仮想ハードディスク作成
    可変サイズにして新規ハードディスクを作成.サイズの最大値を20Gに設定(やり過ぎ?)

これで仮想マシンの作成終わり.意外と簡単.