0

遺棄 上・下

遺棄 上・下
ヴィレッジブックス
コーディ・マクファディン

FBI捜査官スモーキー・バレットシリーズの最新刊.
スモーキーのチームの一員であるキャリーの結婚式の最中.突然走ってきた車から女性が放り出される所から事件が始まる.その女性は死んでおらず,医師の所見によると長期間日が当たらない場所で監禁されていたであろうとのこと.しばらくして彼女の身元が分かる事から捜査が進展し,黒幕がダリと名乗る男である事を突き止める.

最後の方に用意されていたどんでん返しは,それまでの話の流れから予想出来てしまったのがちょっと残念.それでもなお,犯人が一連の事件を起こした動機についての描写がしっかりされており,ここ最近で一番いい作品だなと思えた.

上巻背表紙より: FBI捜査官として数々の地獄を経験してきたスモーキー、彼女の生活はようやく眩い太陽に抱かれているかのように思われた。パートナーとは真剣に結婚を考 えているし、昇進の話も持ち上がっている。そして今、捜査チームの仲間キャリーの結婚式がロサンゼルスの太陽のもと行われようとしていた―。そんな光に溢 れた結婚式会場で、突然、女が遺棄された。打ち捨てられたのは衰弱しきった生身の女で、頭を剃られ白いガウンだけをはおった異様な姿をしていた。彼女は誰 なのか、いったい何のメッセージなのか?太陽が輝く光の世界と、月の妖しい光が支配する世界、人間の光と闇を描く傑作サスペンス・シリーズ最新刊。

下巻背表紙より: 遺棄された女は元刑事で、八年ものあいだ監禁されていたという。第一容疑者は元夫。しかも彼はインターネット上で知り合った男に操られているらしいことが 判明してきた。スモーキーはチームのメンバーとともに“ダリ”と呼ばれる男が事件の黒幕であることを突き止めるが、やがて見えてきた想像を絶する闇の深さ に慄然とする。“ダリ”は、誰しもが抱く憎悪の感情をかすめ取り、巧妙に犯罪へと導いているのだった。そんななか、事件の核心に迫るスモーキーと若き同僚 レオの身にも“ダリ”の魔手が忍び寄り―。はたして人は闇の世界から引き返すことが可能なのか?全米ベストセラー作家が問いかける渾身の話題作。

0

暗闇 上・下

暗闇 上,下
コーディ・マクファディン
ヴィレッジブックス

バーーーーっと読んだ.
FBI長官から直接捜査の依頼がきた事件.ある政治家?の子供が殺された事件について.連続殺人につながる気配が全く無く,どうなるんだろうと思って読み進めると,衝撃の展開が.
宗教が絡んだ連続殺人?なので,どうも消化不良というか解せない部分があるけど,面白かった.

上巻背表紙より: 幾多の難事件を解決してきた辣腕FBI捜査官スモーキーは、ある極秘捜査を命ぜられる。飛行中の機内で、誰にも気づかれず殺害された美しい女性リサは、次 期大統領と目される大物政治家の娘だったのだ。遺体を見たスモーキーは、彼女が“男性”だと知る。そして、その腹部には謎の数字が刻まれた、ある“シンボ ル”が残されていた!性転換者を憎むあまりの殺人なのか?犯行の目的がつかめぬまま捜査を進めるうち、酷似した手口で惨殺された元売春婦の存在を突き止め る。それを予期したように、すでに犯人は次なる恐るべき“作品”を用意していた―サスペンス界の貴公子がおくる、徹夜覚悟の衝撃作。

下巻背表紙より: リサには大きな秘密があった―それが動画サイト上で、世界に向けて暴かれていくのをスモーキーたちは呆然と見つめるしかなかった。リサの日記を読みあげる “伝道者”と名乗る謎の男。男の告発はリサ一人にとどまらなかった。誰にも知られたくない秘密を告白させられる被害者の百数本にも及ぶ動画、そこには殺さ れた元売春婦ローズマリーの姿もあった。さあ、捕まえてみろとばかりに自ら手がかりを残す犯人、やがて見えてきた人びとを心の闇へ引きずり込む悪夢のよう なシナリオ。かつて類を見ない非情で陰湿な殺人者の挑発に、スモーキーたちは…。

0

戦慄 下

戦慄 下
コーディ・マクファディン
ヴィレッジブックス

上巻と比べて,一気に加速した感.今回は全く予測できなかった犯人だった.最後の結末がイマイチ自分の好みには合わなかったが,それ以外はパーフェクトと言っても良いと思う.人を殺すに至った理由,どのように殺したか,これは日本人では書けないだろうなと思わせる文章だった.

次は報復シリーズに手を出そうかな.

背表紙より: リサには大きな秘密があった―それが動画サイト上で、世界に向けて暴かれていくのをスモーキーたちは呆然と見つめるしかなかった。リサの日記を読みあげる “伝道者”と名乗る謎の男。男の告発はリサ一人にとどまらなかった。誰にも知られたくない秘密を告白させられる被害者の百数本にも及ぶ動画、そこには殺さ れた元売春婦ローズマリーの姿もあった。さあ、捕まえてみろとばかりに自ら手がかりを残す犯人、やがて見えてきた人びとを心の闇へ引きずり込む悪夢のよう なシナリオ。かつて類を見ない非情で陰湿な殺人者の挑発に、スモーキーたちは…。

0

戦慄 上

戦慄 上
コーディ・マクファディン
ヴィレッジブックス

前回読んだ傷痕の次.
詩のような文章が所々に見られる.個人的には嫌いなので,途中すごくつまらなかった.後半と言うか,上巻の最後の最後の方でペースが取り戻せた感がしたけど.
それでもシリアルキラーの行動と理由についての書き方(考え方?)は秀逸.下巻でどんな感じになるのか楽しみ.

背表紙より: その、はかなくも美しい少女の心は、地獄のどこかにあった―。ある住宅街で起こった凄惨な一家殺人事件。ただひとり生き残った16歳の養女サラの要請で現 場に急行した辣腕FBI捜査官スモーキーは、彼女の証言を聞き衝撃を受ける。6歳の時からつきまとう「ストレンジャー」なる男が、サラに手伝わせてこの凶 行に及んだのだという。自らも苛烈な体験をしたスモーキーでさえ震撼するような事件だが、手渡されたサラの日記には、さらに想像を絶するストレンジャーの 所業が綴られていた!少女の心に闇を生んだ、この男の目的と正体は?『傷痕』の著者による衝撃サスペンス。

0

傷痕 下

傷痕 下
コーディ・マクファディン
ヴィレッジブックス

面白かった.犯人が猟奇殺人者になった流れは今までに無いような書き方で非常に楽しかった.ひょっとしたらこの人が犯人だったら・・・と思った人が犯人でちょっとガッカリだったけど,これは面白いと言える本だった.
戦慄という次の話も出ているから,できるだけ早く読みたいなぁ.

背表紙より: 夫に娘に親友まで…自分が愛する相手を次々に失ったスモーキーをあざ笑うかのように、ジャック・ジュニアは彼女が大事に思う人たちの、一番大切なものを標 的にしはじめる。怒りに燃えるスモーキーと彼女の優秀なチームの面々は、しだいに犯人像に迫ってゆくが、そのあいだにも凄惨な殺人ビデオは届きつづけた。 とうとうスモーキーは犯人を挑発し、罠にかけることにする。ここで逃したら、今度はきっと大事な人たちそのものが毒牙にかかってしまう―不退転の決意で臨 むスモーキーの作戦とは?ジャック・ジュニアの正体はいったい?スピーディでスリリングな展開は、ラストに向けて一気に加速する。

0

傷痕 上

傷痕 上
コーディ・マクファディン
ヴィレッジブックス

今まで読んだ事がある猟奇殺人者関連の小説では無かったタイプの犯人.と言っても上巻なので,今後の展開全てが分かっているわけではないけど.次々と起こる事件に対して,少しずつ犯人についての情報が得られていくというスタイル.こーゆータイプの小説が好きなのかな.レッドドラゴンや羊達の沈黙も似たような雰囲気だったし.下巻が楽しみ.

背表紙より: 凶悪犯に夫と幼い娘をなぶり殺され、自らも顔と心をずたずたにされた辣腕FBI捜査官のスモーキー。心の傷が癒えぬまま休職中の彼女に、ある日部下から連 絡が入った。親友が惨殺され、現場にはボニーという少女と、犯人からスモーキーあての挑戦状が残されていたという。自分と同じような凄惨な体験をして傷つ いているボニーを引き取ることによって心の問題に折り合いをつけたスモーキーは職務に復帰、優秀な部下と共に必死の捜査を始める。だが、切り裂きジャック の末裔をかたる犯人は、いまだかつてない残虐さで捜査陣を翻弄しつづけ…。話題の新人によるセンセーショナルなサスペンス。