0

ブラックボックス 上・下

ブラックボックス 上・下
マイクル・コナリー
講談社

待望のハリー・ボッシュシリーズ.

今回の事件は,ロス暴動時に発生した外国人ジャーナリスト殺害事件.実はボッシュ自身が初動捜査を行った因縁の未解決事件.

一見何の関係も無い事象を丁寧に検証し隠された真実を暴き出す.ほとんど証拠や資料の存在しない20年前の事件を解決まで導いたという意味では,いつも以上の活躍を見せたボッシュ.

ただ,真犯人に捕まり内部調査官に助けられたのはちょっとマイナス.

内容 (上巻): ロス暴動大混乱の最中に発生し、まともに捜査ができず心に残っていたジャーナリスト殺害事件から20年。すべての事件には解決につながる「ブラックボックス」があるという信念のもと、ロス市警未解決事件班ボッシュは再捜査を開始。市警上層部の政治的圧力による監視をくぐり抜け、単独で事件を追いかける。 (Amazonより)

内容 (下巻): ジャーナリスト殺人はボッシュにとって最初の未解決事件でもあった。薬莢を最新鑑識技術で調べると、凶器の銃が他の殺人にも使用されていたことが判明。捜査の末に発見した銃から削り取られたシリアルナンバーを復元すると、湾岸戦争当時の軍との関わりが明らかとなる。事件は急転、不穏な展開を見せ始めた。(Amazonより)

0

転落の街 上・下

転落の街 上・下
マイクル・コナリー
講談社

久しぶりのハリーボッシュシリーズ.
ニューヨーク市議になったあの宿敵アーヴィン・アーヴィングの息子の転落死事件の真相を解明するようアーヴィングから直接捜査を指名されたボッシュ.同じタイミングで,22年前のレイプ殺人事件がDNAでヒットしたため,チューと共に両事件の捜査を行う.

  • アーヴィングの息子の転落死の真相は自殺.
    • アーヴィングは市議になってから市警を徹底的に攻撃してきた
    • 市警はアーヴィングを貶めるために,アーヴィングが失脚するシナリオを描く
    • このシナリオが原因で,アーヴィングの息子は警官時代の親友を失う
    • アーヴィングの孫が大学進学をきっかけに家を出る
    • 息子の自立を切っ掛けに,アーヴィングの息子の妻が離婚を申し出る
    • アーヴィングの息子は自殺を決意し,ハネムーンスイートに泊まる
    • アーヴィングが原因で市警を辞め,アーヴィングの息子により現在共同経営をしているタクシー会社が窮地に追い込まれている元警察官がアーヴィングの息子を脅そうとホテルへ侵入
    • アーヴィングの息子を絞め落とした元警官はアーヴィングが自殺することを察する.自分がアリバイを作れるようにもう一度絞め落とし,数時間後に目を覚ますように細工.アーヴィングの息子が起きる頃には現場から距離のあるバーで朝まで飲んでいた
    • アーヴィングの息子自殺.体には絞め落とされた時にできた傷.部屋にはアリバイ工作のための細工.これが他殺の可能性を考えさせた
    • 実は捜査の途中でパートナーのチューがLAタイムズの記者に捜査状況を横流し.ボッシュがパートナーを無視して一人で捜査を進めていることに対する報復行為.最終的に記事が公開されることを防いだものの,ボッシュ激怒.
    • ボッシュは最終的に謎を解き,チューを通してLAタイムズ記者に事件の真相を書くよう指示
    • この真相が実は市警上層部が描いたアーヴィング失脚のためのシナリオで,ボッシュはまんまと引っかかってアーヴィング失脚のための片棒をかつがされていた
  • 22年前のレイプ殺人事件は,DNAの持ち主であるペルを性的虐待していた男(ハーディ?)が被害者を同じ道具(ベルト?)を使って暴行していたことが原因.
    • ペルは当時の性的虐待や母親の育児が原因で自身も幼児への性犯罪者となり,3度目?に刑務所に入った時に性器を切り落とされる
    • ペルは社会復帰施設?みたいなのに通っている.そこの担当者であるストーンとボッシュが両思いになりデートをする
    • ペルの過去の経歴を見なおしていたボッシュは,当時性的虐待の被害者だった点,それが原因で暴行死した女性の体にペルの血が付着(というか移動?)していたと推理
    • ペルが唯一覚えていた加害者のアダ名とベルトのバックルの記号から加害者を特定
    • 加害者であるハーディは行方不明だったため,その父親を訪問
    • 父親の家を捜索し,ジェネリック薬品や酸素ボンベの最終購入日からハーディは父親を殺害し父親になりすましていると推理
    • ハーディ逮捕
    • ハーディは逮捕されるやいなやボッシュに自分は過去に37人殺したことを自供
    • ペルがハーディへの報復をするためわざと逮捕され,同じ輸送車に乗る
    • ペルの報復行為に気づいたボッシュが輸送車にギリギリで追いつきペルの殺人を止める.
  • 娘のマーディとは良い関係が築けているみたい
    • マーディはボッシュのような警官になりたいらしい
    • 時々,ボッシュは警官になるためのトレーニングをマディに課している

内容 (上巻): 絞殺体に残った血痕。DNA再調査で浮上した容疑者は当時8歳の少年だった。ロス市警未解決事件班のボッシュは有名ホテルでの要人転落事件と並行して捜査を進めていくが、事態は思った以上にタフな展開を見せる。2つの難事件の深まる謎と闇!許されざる者をとことん追い詰めていく緊迫のミステリー! (Amazonより)

内容(下巻): ホテルから転落した市議の息子は殺害されたのか自殺だったのか。背後にはロス市警の抱える積年の闇が潜んでいた。一方、絞殺事件は未曾有の連続殺人事件へと発展する。冷厳冷徹に正義を貫き捜査を進めるボッシュ。仲間や愛娘に垣間見せる優しい姿と、陰惨な事件との対比が胸に迫る不朽のハードボイルド小説! (Amazonより)

0

ナイン・ドラゴンズ

ナイン・ドラゴンズ
講談社文庫
マイクル・コナリー

内容紹介:
上巻: 南LAで食料品店を営む中国人が殺された。背後には、みかじめ料をとる香港マフィア三合会の存在が。追うボッシュの娘が誘拐される。
下巻: 誘拐された娘を救うべくボッシュは前妻とその恋人の力を借り香港を駆け回る。さ中に起こる不幸な殺人。久々のボッシュ・シリーズ!

0

死角

死角
マイクル・コナリー
講談社

ハリー・ボッシュシリーズの最新作.前回のエコー・パークがチラホラちらつく話.
展望台で男性が射殺された事件現場に行くように電話がかかってくる.現場に現れるFBI.事件の裏に見えてくるテロの影.

捜査の進め方が相変わらずのハリー.事件解決に必要なピースが揃ってからのハリーの推理力は圧巻.

背表紙より: 深夜、ロスの展望台で発見された男の射殺体。後頭部に二発。怨恨か処刑か―。殺人事件特捜班での初仕事に意気込むボッシュだが、テロリストが関与している 可能性が浮上。FBIの捜査介入に阻まれながらも、ボッシュはひたすら犯人を追う。十二時間の緊迫の捜査を描く、スピード感溢れる傑作サスペンス。

0

エコーパーク 上下巻

エコーパーク 上、下
マイクル・コナリー
講談社文庫

ダン・ブラウンのロスと・シンボルは期待外れだったけど,やっぱりマイクル・コナリーは良い.ハリー・ボッシュはどんな時もハリー・ボッシュだと思い知らされた.
二転三転して先が全く読めない展開.全てのピースが収まるべき所に収まった時のスッキリ感.これだよこれ.

唯一つ,今回のラストシーンはちょっと悲しいと言うか後味が悪いものかもしれない.

上巻背表紙より: ロサンジェルスのエコー・パーク地区で、女性二人のバラバラ死体を車に乗せていた男が逮捕された。容疑者は司法取引を申し出て、死刑免除を条件に過去九件 の殺人も自供するという。男の口から語られるおぞましき犯罪。その中に未解決事件班のボッシュが長年追い続ける、若い女性の失踪事件も含まれていた。

下巻背表紙より: ボッシュが探り続ける未解決事件は、ホシとにらむ男とは別人が自供した。初動捜査のミスも浮上し、苦悶するボッシュ。さらにパートナーのライダー刑事に悲 劇が襲う。事件が急展開を見せるなか、自宅待機を命じられた彼はFBI捜査官レイチェルとともに動き出すが…。警察小説の頂点に君臨する傑作シリーズ。