0

潔白

潔白
青木俊
幻冬舎

30年前に起きた母娘殺人事件の再審請求にまつわる,検察や司法の腐敗を淡々と描く物語.

  • 30年前の母娘殺人事件.当時のDNA鑑定と状況証拠から,警察は一人の男を真犯人と結論づけ逮捕し死刑判定が下る.
  • 死刑囚(の娘?)は再審請求の準備を進める
  • 死刑執行の延期を企んだ再審請求に苛立っていた検察グループ?が見せしめを目的として再審請求死刑囚の死刑を急に執行
  • その死刑囚が上記の死刑囚
  • 実は,死刑囚に付き添っていた神父が真犯人
  • 再審請求側は(警察が保管しているはずの)被害者が着用していた下着をDNA再鑑定に使いたい
  • 検察は警察に対して証拠保管場所が見つからないと主張させることによって,再審の先延ばしを図る
  • 当時DNA鑑定を行った技官は研究ノートや証拠を処分するという怪しい感じ
  • 別の技官はDNA鑑定 に疑問を抱いているものの,再審のために証言する気はなかった
  • 検察側が裏で手を回して,上記の別の技官に証言をさせないように大学の教授職を用意.件の技官は怒って証言
  •  このまま行くと再審請求通っちゃうよというタイミングで,裁判官が変わるという検察・司法側のありえない妨害作戦
  • 最終的に再審請求が却下される
  • 検察・司法側の一連の妨害工作に嫌気がさした検察官は,証拠を握りつぶしていた事実をリーク
  • DNA再鑑定により,無罪確定
  • 検察・司法側は,無罪だが極めて有罪に近い無罪という印象を与えるために色々と画策
  • 真犯人である神父から新聞記者に罪の告白の手紙+毛髪が届く
  • 無罪確定
  • 死刑執行された人の娘が真犯人に対峙
  • 真犯人自殺

内容: 札幌地検に激震が走った。30年前に小樽で発生した母娘惨殺事件に前代未聞の再審請求が起こされたのである。すでに執行済みの死刑が、もし誤判だったら、国家は無実の人間を殺めたことになってしまう。「何としても握り潰せ!」担当に指名されたのは、曰く付きの検事。司法の威信を賭けた攻防の行方は…。(Amazonより)

0

祝言島

祝言島
真梨幸子
小学館

えええ!!と予想しなかった感じの結末.未解決の連続殺人事件の真相が分かる物語.イヤミスという感じではないと思う.

祝言島という都市伝説だと思われている島に呪われた人々が巻き起こす不幸な事件.

内容: 2006年12月1日、東京で3人の人物が殺され、未解決となっている「12月1日連続殺人事件」。大学生のメイは、この事件を追うテレビ番組の制作会社でアルバイトをすることになる。無関係にみえる3人の被害者の共通点が“祝言島”だった。東京オリンピック前夜の1964年、小笠原諸島にある「祝言島」の火山が噴火し、生き残った島民は青山のアパートに避難した。しかし後年、祝言島は“なかったこと”にされ、ネット上でも都市伝説に。一方で、祝言島を撮ったドキュメンタリー映画が存在し、ノーカット版には恐ろしい映像が含まれていた。 (Amazonより)

0

奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係

奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係
麻見和史
講談社

立て続けに2作読んだ後の最新刊.銀座のとある一角で起きた殺人事件と誘拐事件.一見,何の関係も無さそうな被害者達に隠された胸糞悪くなる事件.

真犯人は女優の何とかって人で,リアルマネキンのモデルになった人.一人目の被害者は真犯人の元カレで,リアルマネキンのモデルを依頼した.誘拐された被害者2名はリアルマネキン作成に関係した人と,真犯人を車で撥ねた人.

内容: 日本最大の繁華街・銀座で死体遺棄事件が発生!遺体はショーウインドーに吊るされ、現場には、黒いアルミホイルと蓄光テープという不可解な手掛かりが遺されていた。臨場した如月塔子と十一係は捜査を開始するが、世間に見せつけるような残酷な犯行は続き、次なる被害者が拉致されてしまう。閃きを武器に活躍を重ねる女性刑事・如月、卓抜した捜査能力を持つ鷹野、熱血漢・門脇、最年長の人情派・徳重、情報収集に優れた尾留川―捜査一課十一係“殺人分析班”は卑劣な犯人に辿り着くことができるのか!? (Amazonより)

0

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
内藤了
KADOKAWA

待望の猟奇半蔵捜査班シリーズの最新刊.不法投棄された人魚の死体が見つかったことが発端で発覚した複雑怪奇な事件.そもそも人魚はホンモノなのか?どこから来て,誰が投棄したのか?

途中で変人研究者センターの存在が外部に漏れていることが分かる.もう2,3作後には,巨大な悪の組織みたいなのと対決することになるのかな?

内容: 湖で発見された、上半身が少女、下半身が魚の謎の遺体。「死神女史」の検死で、身体変異に関する驚くべき事実が判明する。そして八王子西署には人事異動の波が訪れていた。新人とのやり取りに苦戦しつつ捜査を進める比奈子。「人魚」事件の背後には未解決の児童行方不明事件が関わっているようだ。さらに新たに子供の奇妙な部分遺体が発見される事件が起こる。保を狙う国際犯罪組織も暗躍し…。大人気警察小説シリーズ第8弾! (Amazonより)

0

「覇権」で読み解けば世界史がわかる

「覇権」で読み解けば世界史がわかる
神野 正史
祥伝社

かつて繁栄し滅びていった数々の帝国の共通点を明快に語る.チョー分かりやすい.

内容:  歴史上、覇を唱えた「世界帝国」。それらの国々がどのように生まれ、絶頂をきわめ、衰亡したのか。これを検証し、「歴史法則」としてまとめる作業を通して、21世紀の混沌を紐解いていきます。 (Amazonより)

0

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先
池上彰
角川新書

各国が自国の利益を最優先(割と当然)する現状を自国ファーストと呼び,うまいこと解説している.中東を含めて歴史の流れをある程度把握しておくと,なるほどねーと納得しながら読み進められる.

内容: イギリスのEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」の流れが世界を包んだ。その本質を解説しつつ、右派勢力が台頭する欧州、中東戦争の危機、暴走する北朝鮮など、世界のいまを池上彰が斬る! (Amazonより)

0

雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係

雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係
麻見和史
講談社

内容: タオルに血で書かれたSOSを手掛かりに捜査を開始した刑事・如月塔子と相棒の鷹野。しかし彼らが発見したのは、監禁されすでに事切れた被害者だった。タオルを運んだ人物として捜査線上に浮かんだのは九歳の少年・優太。年の割に大人びていて、事件について頑なに口を噤む彼は、なぜか塔子にだけ懐く素振りを見せる。これまで多くの特殊犯罪を解決に導いてきた捜査一課十一係―殺人分析班の捜査と推理が光る、人気警察ミステリシリーズ最新作!  (Amazonより)