Mの女

Mの女
浦賀和宏
幻冬舎文庫

何がなんやらわけのわからぬままに話が進み,最後にドバっと.最後まで読むと全ての謎が解ける系の作者.ただ,湊かなえとは感じが違って,勘が良くても隠されたシナリオはわからないだろうなーって感じ.

Amazonで調べたら,同一作者が次作を書いているみたいなので,読んでみようと思う.

内容紹介: ミステリ作家の冴子は、友人・亜美から恋人タケルを紹介される。第一印象からタケルに不穏なものを感じていた冴子は、一通のファンレターを契機に、タケルに不審を抱き、彼の過去を探ることに。するとそこには数多くの死が……! そしてその死は着実に冴子と亜美にも近づいていた。逆転に次ぐ逆転。鮮やかに覆っていく真実。これぞミステリの真髄! (Amazonより)

Advertisements

3 thoughts on “Mの女

  1. Pingback: メタモルフォーゼの女 スミレ色の手紙 | charmie11

  2. Pingback: メタモルフォーゼの女2 生まれなかった子供たち | charmie11

  3. Pingback: メタモルフォーゼの女3 月の裏文明委員会 | charmie11

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s