細胞異植

細胞異植
仙川環
新潮社

赤ちゃんポストに赤ちゃんを放置しようとした女性宏子の姿を目にした友美の視点から描いた物語.

宏子の息子が交通事故による脊髄損傷によって車椅子生活を余儀なくされたことが全てのきっかけ.駐車場で一瞬目を話したことが原因と,夫・義母に責められる宏子.

胎児の細胞移植によって脊髄損傷が治るかもしれないと知った宏子.息子のために胎児を作ろうと色々な男とセックス.最終的に産んでしまったために赤ちゃんポストを利用しようとする.

内容: 国内二例目の赤ちゃんポストで張り込んでいた新聞記者・長谷部友美が目撃したのは、嬰児を抱いた石葉宏子の姿だった。独身だと思っていた知人の行動に戸惑う友美。慌てて姿を消した石葉の行方を追ううちに、女の抱えていた修羅が浮き彫りになってゆく。最後に掴みとった驚愕の真相とは。先端医療は新たなる福音か、人倫を揺さぶる悪魔の誘惑か―。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s