孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻

孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻
大鐘 稔彦
幻冬舎文庫

大川町長の二度目の手術を台湾で敢行する当麻.手術前の検査で大川町町の娘であり当麻の元婚約者である翔子の病気が発覚.

町長の手術前に当麻がプロポーズをし,手術も成功.ついでに翔子の手術も行った.

甦生記念病院の事務長は身売りを決意し,最終的に鉄心会が買収することに決まる.

当麻は鉄心会へ矢野と共に移籍することを決意する.

内容: 死亡肝移植によって一命をとりとめた大川が拒絶反応を起こし、再手術のため台湾へ来る。当麻は翔子もまた病魔に侵されていることを告げ、自らメスを執った。最愛の翔子と共に生きるため、古巣の甦生記念病院へ戻る決心を固める当麻。しかし病魔は静かに翔子の体を蝕んでいた…。現代の医療システムに警鐘を鳴らす衝撃の問題作、ついに完結。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s