孤高のメス 神の手にはあらず 第3巻

孤高のメス 神の手にはあらず 第3巻
大鐘 稔彦
幻冬舎文庫

当麻の恩師である羽島の癌が発覚.羽島は当麻に執刀を依頼するが,当麻は一番助手としての執刀を望む.

甦生記念病院では,新しく雇った外科医荒井が病院崩壊に加速をかける.

内容: 恩師・羽島から自らの癌手術に立ち合って欲しいとの依頼を受け、久しぶりの日本で手術に臨んだ当麻。かつてのライバルとのわだかまりも消え、心地よい一献を傾ける。一方古巣の甦生記念病院では、盲腸の手術中に起こった麻酔事故で患者が脳死状態に陥ってしまう。患者の弁護士と外科医長・荒井は激しく対立、ついに訴訟問題に発展してゆく―。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s