孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻

孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻
大鐘 稔彦
幻冬舎文庫

一方的な憎き敵である徳武が台湾で行われる外科学会に参加.当麻とニアミスで一悶着するものの,外科学会ではチェン・チャオロンが当麻をべた褒めする.
島田院長がアルツハイマーの症状を発症するなど,甦生会の終焉が近い.

内容: 当麻は台湾でも着実に評価を高め、日々多くの患者が訪れていた。そんな折、台湾の国際外科学会に、彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒、徳武が顔を見せ、不穏な空気が流れる。一方、当麻を失った病院では、医療の質が落ち、患者の数は減るばかり。経営が悪化する中、島田院長の言動に明らかな異変が現れ、事務長らは追い込まれて行く…。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s