孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第6巻

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第6巻
大鐘 稔彦
幻冬舎文庫

なんかうんざりする展開.何よりもショックなのが院内同僚からの反発と島田院長の同僚への迎合.

当麻は最終的に台湾の王の病院へと移籍する.

内容: 前人未到の脳死肝移植を成功させた当麻は、達成感に身を震わせた。しかしそれは激しいバッシングの始まりでもあった。院内の医師からの抗議、県警からの査問、肝移植研究会の除名勧告など予想外の出来事が起きる。理解者だった島田院長も、近江大が医師派遣停止の通達をするや支え切れなくなる。孤立を深めた当麻は、ついにある決断を下す―。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s