孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻
大鐘 稔彦
幻冬舎文庫

タイトル買い.卓越した技術を持つ若手外科医当麻鉄彦.大学の医局でキャリアを重ねるという選択肢を選ばす,あえて地方の病院での医療活動を目指す.

ピッツバーグでの肝移植チームでの修行を終えた当麻は琵琶湖ほとりの民間病院で難手術をこなしていく.大学医局から派遣されてくるクソ医師とのコントラストがやばい.

内容: 当麻鉄彦は、大学病院を飛び出したアウトサイダーの医師。国内外で腕を磨き一流の外科医となった彼は、琵琶湖のほとりの民間病院で難手術に挑み患者達の命を救っていく。折しも、大量吐血して瀕死の状態となった「エホバの証人」の少女が担ぎ込まれる。信条により両親は輸血を拒否。一滴の輸血も許されない状況で、果たして手術は成功するのか。 (Amazonより)

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s