サイレント・ヴォイス 〜行動心理捜査官・楯岡絵麻

サイレント・ヴォイス 〜行動心理捜査官・楯岡絵麻
佐藤 青南
宝島社

前から気になっていたシリーズ物.Kindle版が存在しなかったので渋々まとめ買い.

主人公は行動心理学の理論を基に被疑者の非言語的表現から嘘を見抜き真実を見つける自供率100%を誇る取調官.5編の短編が収録されており,その点は空き時間にサクッと読みやすい.行動心理学の話をダラダラ解説する点はへーと感心しつつ毎回書くわけにいかんだろうし大変だな−という印象.各エピソードの最後に同僚の西岡と居酒屋で話すシーンが描かれている.西岡本人には一切明かしていないが,メインは主人公である絵麻が取調官(警察官)になる原因となった恩師の殺人事件について少しずつ小出しにしている.シリーズ二作目で件の犯人と絵麻が直接対決!?みたいに帯で書いてあるので,サクサク読んで謎を明らかにしたい.

内容: 警視庁捜査一課巡査部長で取調官の楯岡絵麻。行動心理学を用いて、相手の仕草や行動パターンから嘘を見破る手腕から、通称「エンマ様」と呼ばれる。幼馴染殺害の容疑がかけられた歯科医、人気俳優の夫を殺害したと自白する国民的女優、クレーマー殺害の容疑がかかる占い師、絵麻の同僚を被疑者に追い込んだ音大生…。取調室で絵麻が被疑者に向かい合うとき、事件の真相が浮かび上がる。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s