アイス・ハント

アイス・ハント
ジェームズ・ロリンズ
扶桑社

超絶

内容(上巻): 北極海を潜行中の米海軍調査潜水艦が、最新鋭ソナーで浮標する氷島の内部に廃棄された基地らしきものを発見した。モニタには多くの人間の死体と、何物かの蠢く影が映り込んでいた―。2か月後のアラスカ。元グリーンベレーで野生動物監視員のマットが、攻撃を受け墜落したセスナから新聞記者のクレイグを救出。クレイグは北極の米軍基地オメガへ取材に行く途中だった。マットは別れた妻とともに、謎の追撃者を振り切り記者をオメガへ送り届けようとするが、そのとき北極では恐るべき事態が出来していた―。(Amazonより)

内容(下巻): “グレンデル”という伝説の巨人の名が付けられた基地の恐るべき正体と、そこに込められた暗い野望の姿が徐々に明らかになり、北極は風雲急を告げる。マットとその元妻ジェニファー、グレンデルに魅せられた科学者たち、新聞記者のクレイグ、ロシア海軍提督ペトコフ、デルタフォース、そして“生きているはずのない者たち”…。それぞれの人生と人類の未来を懸けた極寒の闘いは驚きのクライマックスを迎える―。冒険小説の新たな巨匠が企みの限りを尽くして描き出す怒涛のエンタテインメント! (Amazonより)

第二次大戦前?に北極圏に建設されたロシアの研究所グレンデル・アイスステーション.実はアメリカが出資した旧ソ連の研究所.研究内容は不死.北極圏に生存する古代生物グレンデル.ホッキョクグマ+鯨+イルカみたいな感じの生物.冷凍冬眠と活動を繰り返す生態から不死につながる何かを見つけるのが研究所のミッション.鍵はホルモン?が握っており,活動中のグレンデルから採取したホルモンか何かを摂取することで,人間も長時間の冷凍冬眠の後に活動可能であることが実証された.この実証は旧ソ連の科学者ペトコフ博士(物語に登場するペトコフ大佐?の父親)が率いた人体実験によって成し遂げられた.

時間は現代に戻って,アメリカの海軍調査潜水艦が最新式ソナーによってグレンデル・アイスステーションを発見した所から話が始まる.CIAのクレイグは新聞記者と身分を偽って研究資料の獲得及び目撃者の殲滅を目的に研究所に向かうが,移動途中に傭兵団に襲われる.そこを助けたのが元グリーンベレーのマット.マット・クレイグはその後,マットの元妻ジェニファーとその父親ジョンと共に研究所へと向かう.

アイスステーション内部の氷洞内には冷凍冬眠中のグレンデル数体と見張り役のグレンデル1体が潜んでいた.調査団の生物学者が冷凍冬眠していたグレンデルを解凍したら蘇ってビックリ.

調査団の一部の人間が見張り役のグレンデルに殺される.調査団のボス兼海軍上層部に父親を持つアマンダは,すんでのところでグレンデルに殺されずに済む.

ソ連潜水艦ドラコンの存在に気付いたアメリカ潜水艦は,ドラコンに気付かれない様に調査団を15分で全員退避させるようミッション開始.残念ながら,制限時間内に数人の科学者が見つからず,潜水艦は一時退避.残った探索チームと科学者はアイスステーションに取り残されることになった.

といった感じで話が進んでいく.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s