スレイヤーズ 14 セレンティアの憎悪

スレイヤーズ 14 セレンティアの憎悪
神坂一
富士見ファンタジア文庫

セレンティアで発生した教会トップの暗殺疑惑がことの発端.容疑者は教会分院?のトップ4名.ルークとミリーナは容疑者の中の1人の護衛の仕事についており,リナとガウリイは調整役の魔道士教会から調査を依頼される.

元の暗殺事件自体は,中位魔族の犯行.

ソラリアで壊滅させたはずの人魔グループの残党が暗殺者として雇われており,リナを見つけた残党が暴走.残党との戦闘中に毒をもられたミリーナが死ぬ.各教会にミリーナの治療を断られたことからブチ切れたルークが全教会のトップの殺害を図る.

最後の1名を何とか守れたものの,ルークの暴走を止められなかったリナとガウリイ.ルークが消えて話はおしまい.

クリムゾンの話でもそうだけど,人が死ぬのが第2部.

内容: ついに覇王グラウシェラーとの戦いに勝利した天才美少女魔道士リナ=インバースと相棒ガウリイ。激闘の疲れを癒すべく立ち寄ったのは、竜神信仰の盛んな寺院都市セレンティア・シティだった。ここでもなにやらキナ臭い事件に巻き込まれ…。四つの寺院を預かるそれぞれの大神官たちのあいだで、神官長の座をめぐる後継者争いが勃発し、互いに暗殺者を雇うまでにエスカレートしていたのだ。魔道士協会からの仲裁役として渦中に飛び込んだ、リナ&ガウリイを待ち受けていたのは―。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s