スレイヤーズ 13 降魔への道標

スレイヤーズ 13 降魔への道標
神坂一
富士見ファンタジア文庫

バーっと読んだからあんまり記憶が無いけど,前巻の最後にミルガズィアから降魔戦争が再び起きるのか?みたいな話を聞いた4人.ミルガズィアとメフィを加えた6人は紆余曲折を経てガイリアシティに戻ってきた.

各地で起きているレッサーデーモン大量発生事件はガイリアシティでも発生していた.ただ,ガイリアシティは城が閉ざされており,内外が分断されているため城兵が救援に来ない.この異常な状況から,実はシェーラ以外にも高位魔族が城に残っていたのでは?と勘繰り城に潜入.

現状を打破したいと鬱屈していた城兵や牢屋に打ち込まれていたアルス将軍の話から,魔族であろう人間を2名に絞り城を駆け抜ける6人.

実は当たりをつけた2名はどちらも魔族.それ以外にも部下っぽい魔族を含めてドンドン倒した一行.最後の最後で国王も魔族だと判明.しかも相手は覇王ダイナストシェラー.頑張って撃退して一件落着.

内容: かつて戦いがあった。世界の存続を賭し、神と魔王が戦って、魔王は神に封じられた。そして今から千年前、復活した魔王が再び神に戦いを挑んだ。―人はそれを、降魔戦争と呼ぶ―。激闘の末に覇王将軍シェーラを倒した、戦士にして美少女天才魔道士リナ=インバースとその相棒ガウリイ。彼女たちの前に現れた竜族の長老ミルガズィアは、魔族の真の狙いがこの「降魔戦争」の再現なのだ、と言う。ミルガズィアの頼みで、その調査に協力することになった二人だったが、最悪すべての魔族を敵に回すこともありそうで…。Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s