モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い

モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
新潮社
福田ますみ

長野県丸子実業高校で起きたバレーボールに所属していた生徒のいじめ自殺事件の発端から裁判の判決と後日談までをまとめた作品.

最初の数ページを読むといじめ以上に高校の対応が最悪だったような印象を受ける.
それ以降は自殺した生徒の母親の異常性が明らかにされていく.読んでて胸糞が悪くなる内容.
本当にこのような人間がいるとして,自分が攻撃されたとしたらどうすれば良いのか分からない.

内容紹介:
第22回 編集者が選ぶ 雑誌ジャーナリズム賞作品賞 受賞!

〈息子を自殺で失った母〉、しかしその実態は「恐るべき怪物」だった。

たった一人の母親が学校を崩壊させた。
不登校の高一男子が自殺した。久々の登校を目前に──
かねてから学校の責任を追及していた母親は、学校に全責任があると
校長を殺人罪で刑事告訴する。
人権派弁護士、県会議員、マスコミも加勢しての執拗な追及に、
高校は崩壊寸前まで追い込まれ、教師と同級生、保護者たちも
精神的に追い詰められていく。
だが教師たちは真実を求め、法廷での対決を決意した。
前代未聞の裁判で明らかになっていったのは、子供を死に追い込んだ
母親の「狂気」だった。
どの教育現場にも起こり得る「恐るべき現実」を描ききった
戦慄のノンストップホラーノンフィクション。
「被害者」の皮を被った「加害者」に気をつけろ!

新潮ドキュメント賞受賞
『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―』
著者の最新刊
Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s