テロ

テロ
フェルディナント・フォン・シーラッハ
東京創元社

フランクフルト発ミュンヘン行便をミュンヘンのサッカースタジアムに墜落させるテロを起こすためのハイジャックが起きた.飛行機の乗客160名弱,スタジアムの観客7万名.緊急出動した空軍少佐は航空機を撃墜しスタジアムの観客を救った.この行為に対して起こされた裁判.検察側証言,被害者家族証言,弁護士の最終弁論を通して事件背景を語り,最後に有罪・無罪両方の結末を書いた作品.

テロ行為に対しては毅然とたいおうしなければならない.屈してはいけない.といったメッセージだったのかな.シーラッハの作品は創作話を通して議論を巻き起こそうとしているのかもしれない.ユダヤ教の経典?に近いものだと思う.

内容: 2013年7月26日、ドイツ上空で旅客機がハイジャックされた。テロリストがサッカースタジアムに旅客機を墜落させ、7万人の観客を殺害しようと目論んだのだ。しかし緊急発進した空軍少佐が独断で旅客機を撃墜する。乗客164人を殺して7万人を救った彼は英雄か?犯罪者か?結論は一般人が審議に参加する参審裁判所に委ねられた。検察官の論告、弁護士の最終弁論ののちに、有罪と無罪、ふたとおりの判決が用意された衝撃の法廷劇。どちらの判決を下すかは、読んだ「あなた」の決断次第。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s