QJKJQ

QJKJQ
佐藤 究
講談社

帯に書いてあった「私の家族は全員,猟奇殺人鬼。」といううたい文句に惹かれて購入.割と早い段階で真相の表層を明かしつつ,そこから想像つかない真実が明らかにされていく.文章も洗練されていた.

どうも好みの感じではなかった.この手の話を書くとある程度は専門的な話を解説する文章が必要になるのは分かるんだけど,とりあえずそれっぽい理論やら何やらをぶち込んで難解な文章にしてみましたーみたいに感じてしまったのが原因だと思う.あとはアリアの殺人衝動や父親の殺人の理由がどうも納得いかない.同級生との話はアリアの攻撃性・残虐性を表現するための逸話だったのかな?だとしたら殺した方が筋が通るような気もする.

内容紹介: 市野亜李亜(いちのありあ)は十七歳の女子高生。猟奇殺人鬼の一家で育ち、彼女自身もスタッグナイフで人を刺し殺す。猟奇殺人の秘密を共有しながら一家はひっそりと暮らしていたが、ある日、亜李亜は部屋で惨殺された兄を発見する。その直後、母の姿も消える。亜李亜は残った父に疑いの目を向けるが、一家には更なる秘密があった。 (Amazonより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s