友罪

友罪
薬丸 岳
集英社

けっこう考えさせられる話.

ジャーナリストとしての夢に敗れ,次の職までのつなぎ程度の気持ちで町工場に入社した益田.中学生の頃,自分だけが唯一仲良くしていた同級生をいじめによる自殺で亡くした過去を持つ.益田は自殺の直前に自分が取った行動が原因で自殺したという後悔をずっと持っている.

益田と同じタイミングで入社した鈴木は,実は14年前に日本を震撼させた連続児童殺傷事件の犯人だった.また,事務員の藤沢は元AV女優であることを隠しながら職を転々としていた人.

最初は同僚との関係を拒絶していた鈴木だが,何か(益田の指切断事件だったと思う)を切っ掛けに同僚と良好な関係を築くことになる.藤沢をAV女優の道に沈めた元カレとのイザコザをきっかけに鈴木は藤沢と付き合うことになる.

実は,鈴木は更生施設出所後に更生施設との連絡を絶ち失踪していたのだが,更生施設で母親代わりになっていた女性にコンタクトを取るようになる.

この女性が鈴木のことを知るために素性を隠しながら益田に接触したことが切っ掛けで,益田は鈴木が件の事件の犯人であると疑念を抱く.

ジャーナリストの夢を諦めきれない益田はかつての先輩にコンタクトを取り,鈴木の近況を暴露する記事の執筆を約束する.益田は鈴木に対する申し訳無さとジャーナリストの夢との間で揺れ動きながら先輩に記事を渡すものの,それ以上の記事の執筆を拒否する.

記事を見てから姿を消した鈴木に対して,かつて自殺をした同級生を重ねる益田.後悔の気持ちも含め,同僚として,また知人としての観点から鈴木という人間を書いた記事を公開する.

内容:あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?埼玉の小さな町工場に就職した益田は、同日に入社した鈴木と出会う。無口で陰のある鈴木だったが、同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになり―。少年犯罪のその後を描いた、著者渾身の長編小説。 –このテキストは、文庫版に関連付けられています。 (BOOKデータベースより)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s