岳飛伝 16 戎旌の章

岳飛伝 16 戎旌の章
北方 謙三
集英社

  • 項充とテキセイの二人が洞庭湖?奪還を目論む南宋水軍の海しゅう船を燃やして死亡
  • 岳飛は程雲と同じような作戦を取り埋伏.程雲を殺せないまでも深手を負わせる
  • 海りょう王は故と児の暗殺を企てる.すんでの所で北方の国(名前忘れた)の友人の軍が助けてくれ助かる.今いる場所を離れるとか言ってる
  • 梁山泊軍と金軍の激突
    • 海りょう王がいけてないんだけど,ウジュに説得され頑張る
    • 海りょう王直属の部下3人と海りょう王がウジュを無視して突撃
    • ウジュは海りょう王と部下3人を貼り付け
    • 史進がウジュを殺し自分も死ぬ
  • 秦容は負け知らず.北の街を落として臨安府を攻めると見せて南宋軍と激突.
  • 岳飛も臨安府を攻めると見せてようやく程雲と激突.あらかじめ埋伏していた息子の舞台を使って追い込む.

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s