殺人鬼フジコの衝動

殺人鬼フジコの衝動
真梨幸子
徳間文庫

少女の一人称視点で語られる物語.

両親と妹が惨殺された10歳の少女フジコ.叔母に引き取られてから人を殺し始める.途中まではフジコの精神面がひたすら描かれる内容だったが,結婚・出産を経て順調とは言えない生活から自分の子供を虐待するようになる辺りは正直読んでて辛かった.夫を殺した辺りから完全にタガが外れてしまい,ちょっとしたことをきっかけに殺人を犯す殺人鬼になってしまう.

最後の最後で衝撃の事実が.「変なの」程度に思っていた違和感が衝撃の事実につながるとは思ってなかった.この作者の作品をもっと読みたくなった.

内容紹介: 一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。人生は、薔薇色のお菓子のよう…。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか?あとがきに至るまで、精緻に組み立てられた謎のタペストリ。最後の一行を、読んだとき、あなたは著者が仕掛けたたくらみに、戦慄する! (引用)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s