数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ!! 容疑者はみんな数学者!?

数学ミステリー X教授を殺したのはだれだ!! 容疑者はみんな数学者!?
タナシス・グキオカス, トドリス・アンドリオプロス
講談社

天才数学者である教授Xが殺された事件.目撃者の情報から,犯人は午前0時の時点で犯行現場から20m以内の距離にいたはずであることが分かった.容疑者は全員実在の数学者.ホテルの近隣を含む地図が提示され,各容疑者は午前0時にどの地点にいたかを供述する.容疑者がいた地点とホテルとの距離を計算して各容疑者が犯人かどうかを推理していくという物語.各容疑者に関するエピソードを載せつつ話が進む.問題自体は中学校~高校(たぶん高1)までの知識があればば解ける問題.

内容: 舞台は1900年のパリ。史上もっとも重要と目された数学会議の最中、世界的に有名な天才数学者X教授が何者かによって殺された。容疑者たちは会議に出席していたこちらも天才数学者ばかり。アリバイがあるのだが、すべて数学で供述されているという。しかも容疑者全員に殺人の動機が…。ヨーロッパで絶賛の、数学ミステリー。(引用)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s