第五番 無痛II

第五番 無痛II
久坂部 羊
幻冬舎文庫

無痛の続編.

前回失踪した白神 陽児は実は生きていて,整形してオーストリア人だか何かの医者に化けていた.

感染病は,どっかの団体が開発してばら撒いた新型病原菌.健康食品である輸入品のヨーグルトを食べることで感染・悪化する病気.治療すればするほど悪くなるという性質が悪い病気.

イバラは実は改心していて,最終的に白神を殺して為頼を助ける.

内容紹介: 創陵大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に啞然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カポジ肉腫」が多発したが国は無策で人々は恐慌した。一方ウィーンで天才医師・為頼がWHOの関連組織から陰謀の勧誘を受ける。ベストセラー『無痛』の続編。 (引用)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s