無痛

無痛
久坂部 羊
幻冬舎文庫

神戸で起きた一家四人惨殺事件,外見だけで病気の症状を見抜く医師為頼,精神障害児童施設で働く高島菜見子と高島に神戸の事件の犯人は自分だと告白した南サトミ.一見関係の無い話に見えるが…と言う話.

内容: 神戸の住宅地での一家四人殺害事件。惨たらしい現場から犯人の人格障害の疑いは濃厚だった。凶器のハンマー、Sサイズの帽子、LLの靴跡他、遺留品は多かったが、警察は犯人像を絞れない。八カ月後、精神障害児童施設の十四歳の少女が自分が犯人だと告白した、が…。外見だけで症状が完璧にわかる驚異の医師・為頼が連続殺人鬼を追いつめる。 (引用)

神戸の一家惨殺事件の実行犯はイバラだが,その裏でイバラを操っていたのは白神.被害者一家の妻は白神の弟の元彼女.白神の弟は破局を苦にして自殺した.被害者一家の家族写真が新聞に載った投稿を見て,弟の死に関する怒りがつのり,イバラに指示して一家を殺害させた.

菜見子にもう一度会いたいと思っていたイバラは,菜見子の職場の近くで菜見子を見守っている時に,菜見子の元夫である佐田が菜見子に嫌がらせをしていると知る.佐田を誘拐したイバラは手術から少しずつ盗んで溜めていた手術器具を使い,佐田を生きたまま解剖.佐田は殺される間際に「菜見子を困らせているのは自分ではなく(菜見子の息子の)ユウスケである」と嘘を言う.

佐田を誘拐する直前のイバラと街中ですれ違った為頼は,イバラの眉間にとてつもない犯因症を見たため,こっそりと後をつける.イバラの家までつけた為頼は,早瀬にイバラのことを電話で伝える.

早瀬はイバラの家に行ったものの,手首を切られる(どうなったか忘れた).

南サトミは施設長の暴行未遂が原因で施設から抜け出し,紆余曲折を経て白神と出会う.

白神の病院事務長は自身の横領事件が発覚した際,白神が行っていた非認証薬の治験を人体実験と称してマスコミにリークし,自分はトンズラ.白神の病院にマスコミが殺到し,白神はサトミと共に国外逃亡.

白神に「イバラが菜見子の息子を誘拐して解剖しようとしている」と為頼に伝える.イバラの家に行った為頼は捕まえられ解剖されそうになる.ギリギリの所で警官隊が踏み込んできて為頼とユウスケは助かる.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s