道徳の時間

道徳の時間
呉 勝浩
講談社

面白そうと買ってみたけどイマイチだった.
「生物の実験を始めます」,「体育の時間を始めます」と書かれたメッセージが残されるという連続イタズラ事件.事件現場となった鳴川市に住むビデオジャーナリストである伏見が(おそらく)主人公.地元の名士?の家族である芸術家だか陶芸家の死亡現場にも「道徳の時間を始めます.殺したのはだれ?」というスプレー書きの落書きがされたことからイタズラがエスカレートした殺人事件とみなされる.
実はこのメッセージは13年前に鳴川第二小学校で起きた殺人事件の犯人が裁判中に唯一語った「これは道徳の問題なのです」というセリフとそっくり.
伏見は越智なる女性ドキュメンタリストから13年前の事件のドキュメンタリー事件のカメラマンを依頼されることから話が始まる.

途中で推測できたように,越智が実は向の妹.
向が反抗を行った理由は小説家になるためというか小説家として売れるため.もともと教員を目指そうとしたが,美術担当教員の滝田に小説家になることを勧められる.ただ小説家として有名になるのはなかなか難しいことから,センセーショナルな事件を起こしてから小説家デビューすれば,炎上商法で有名になれるといったことを考えたらしい.そのために,自分の友人だけではなく家族(特に妹)も利用した.
妹は小さい頃から父親に売春を強制させられていたらしい.向の友人でもあった宮本と梶村も実は買春をしていた.いつか兄が救いに来てくれるんじゃないかと待っていたのに,兄は自分の小説家デビューの出汁にするために,妹まで殺人事件の現場に呼び利用した.
妹は,事件の一部始終を収めたビデオカメラのテープを盗みそのまま逃走.その後整形をし,越智として現れる.
越智の復習はドキュメンタリーの最後に宮本にインタビューをしながら真実を語るというもの.

越智の向に対する復習がイマイチよくわからんかった.あとは連続イタズラ事件の犯人とか動機も釈然としない.向のセリフとたまたま同じになったのか.それとも故意に同じにしたのかなど.読み逃してたり忘れている部分もあるかもしれないけど,期待が大きかっただけに最後の方の話の展開はちょっとガッカリ.

内容紹介: 問題。悪い人は誰でしょう?――ビデオジャーナリストの伏見が住む鳴川市で、連続イタズラ事件が発生。現場には『生物の時間を始めます』『体育の時間を始めます』といったメッセージが置かれていた。そして、地元の名家出身の陶芸家が死亡する。そこにも、『道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?』という落書きが。イタズラ事件と陶芸家の殺人が同一犯という疑いが深まる。同じ頃、休業していた伏見のもとに仕事の依頼がある。かつて鳴川市で起きた殺人事件のドキュメンタリー映画のカメラを任せたいという。十三年前、小学校の講堂で行われた教育界の重鎮・正木の講演の最中、教え子だった青年が客席から立ち上がり、小学生を含む300人の前で正木を刺殺。動機も背景も完全に黙秘したまま裁判で無期懲役となった。青年は判決に至る過程で一言、『これは道徳の問題なのです』とだけ語っていた。証言者の撮影を続けるうちに、過去と現在の事件との奇妙なリンクに絡め取られていくが、「ジャーナリズム」と「モラル」の狭間で、伏見はそれぞれの事件の真相に迫っていく。(引用)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s