禁忌

禁忌
フェルディナント・フォン・シーラッハ
東京創元社

内容で触れられているが,主人公であるゼバスティアン・フォン・エッシュブルクが若い女性の誘拐犯として緊急逮捕される.捜査官に自白を強要されたエッシュブルクは殺害を自供するものの,誘拐された女性が一向に見つからない.エッシュブルクを弁護することになった敏腕弁護士ビーグラーがエッシュブルクに導かれた衝撃の結末とは...みたいな感じの話.エッシュブルクの幼少期から現代にかけて話が延々と続き,エッシュブルクという人物を印象づけている.途中まで読んでいくと,誰が誘拐されたのか,エッシュブルクが本当に犯人なのか,誘拐された女性の安否は等色々と気になる.そしてまさか過ぎる結末.思わず嘘でしょって言っちゃった.

内容:ドイツ名家の御曹司ゼバスティアン・フォン・エッシュブルク。彼は万物に人が知覚する以上の色彩を認識し、文字のひとつひとつにも色を感じる共感覚の持ち 主だった。ベルリンにアトリエを構え写真家として大成功をおさめるが、ある日、若い女性を誘拐したとして緊急逮捕されてしまう。被害者の居場所を吐かせよ うとする捜査官に強要され、彼は殺害を自供する。殺人容疑で起訴されたエッシュブルクを弁護するため、敏腕弁護士ビーグラーが法廷に立つ。はたして、彼は 有罪か無罪か―。刑事事件専門の弁護士として活躍する著者が暴きだした、芸術と人間の本質、そして法律の陥穽。ドイツのみならずヨーロッパ読書界に衝撃を もたらした新たなる傑作。(引用)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s