雀蜂

雀蜂
貴志祐介
角川ホラー文庫

「悪の教典」という面白い作品で記憶していた貴志祐介のホラー.スズメバチが何故か大量に生息している山荘で何とか生き残らなければいけない男の話だと思ったら...という話.最後の方の結末が何かよく分からん感じになっていて,(ちゃんと読めば分かるんだろうけど)話の流れは楽しかったんだけど,全体の流れがわからなくなってしまってウゲゲーと思ってしまった作品.

内容:11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった―。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能! (引用)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s