報復 それから

報復 それから
ジリアン・ホフマン
ヴィレッジブックス

C.J. タウンゼントが出てくるジリアン・ホフマンの報復シリーズ第三弾.
今作は首に”Z”の焼き印が押されていた惨殺死体から全てが始まる.この事件を担当する刑事マニーは前二作品の主人公であるC.J.と仲が良かった人物.検察側の担当者は検事補ダリアは自分の昇進がかかっている今回の事件を上手く運びたい.こんな二人がコンビを組んで事件の解決を図るんだけど,最初の公判(か何か)にマニーが遅刻した事が原因で二人の仲はお世辞にも良いとは言えない.

容疑者の母親が渡してきたビデオからほぼ同様の手口の殺人事件が起こっている可能性が高いかつ,そちらの殺人事件では容疑者は完璧なアリバイがあるという事が分かる.この辺りでマニーがキューピッドが以前話に挙げた”殺害シーンを鑑賞する秘密クラブ”の存在を思い出す.その後,検察グループがキューピッドと秘密クラブについて取引をしようとするが,最終的にキューピッドが脱走してしまう.

キューピッドの脱走の前からC.J.が登場し,最終的には...という後半部分は一気に読み進められるほど面白い!ただ,前作品の時も思った事だけど,連続殺人犯の心理状態に関する描写が一切ない点は残念.話の終わり方から次回作もありそうだなーって思えるものの,買うかどうかは迷うかなー.

背表紙より: フロリダで発見されたレイプ惨殺死体。硫酸で焼かれた唇は笑みを浮かべ、首には「Z」の焼印が残されていた――やがて名家の息子が逮捕されるが、その直後、類似の犯行を示す映像が母親に送られてくる。 検事補ダリアとこの事件を追う刑事マニーは以前キューピッドが語った、陰惨な殺害シーンを鑑賞する秘密クラブの存在を思い出す。その頃、逃れられぬ闇に苦しむC・Jは……。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s