freeglut for OpenGL (GLSL) + Visual Studio 2010 on 64bit

freeglutを使ってVisual Studio 2010でのOpenGL(GLSL)環境のセットアップを試みる.同じ内容で書いたことがあるけど,freeglutが2.6.0から2.8.0にバージョンアップされてセットアップが容易になっていたのでメモ.

以下で{VC Root}は
32bit C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10\VC
64bit C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A
を表すものとする.

1. freeglutのインストール
1.1. freeglutのコンパイル
オフィシャルサイトから,ソースやら何やらをdownload(freeglut-2.8.0.tar.gz)

基本的には,README.win32に書いてある通りに行えば問題ない.2.6.0からの変更点として,VS2010用のslnファイルがデフォルトで用意されているため,VS2008用のslnファイルを変換する必要がなくなった点が挙げられる.
READMEに書いてあるように”,バッチビルドすれば終わり”.

1.1.1. コンパイル
以下のディレクトリにあるfreeglut.slnを開きビルドする.
Build->;Batch Buildを選ぶと簡単かもしれない.
/VisualStudio/2010/freeglut.sln
ビルドが終わると各libファイルが生成される.

1.1.2. hファイルのコピー
/include/GL/ディレクトリにある”freeglut.h”, “freeglut_ext.h”, “freeglut_std.h”, “glut.h”を以下のディレクトリにコピー.
{VC Root}/include/GL/
※ 同じディレクトリに”gl.h”, “glu.h”があるはず.

1.1.3. libファイルのコピー
/lib/x64/ディレクトリにできた“freeglut.lib”か”freeglut_static.lib”を以下のディレクトリにコピー.
{VC Root}/lib/
※ 同じディレクトリに”opengl32.lib”, “glu32.lib”, and “glaux.lib”があるはず.

1.1.4. dllファイルのコピー
DLLを使用する場合は,/lib/x64/ディレクトリにできた”freeglut.dll”をコピーする.
32bit: C:/Windows/System32
64bit: C:/Windows/SysWOW64
※ 同じディレクトリに”opengl32.dll” と “glu32.dll”も保存されているはず.

2. glext.hのインストール
以下からglext.hをダウンロード.

http://www.opengl.org/registry/api/glext.h

他のヘッダファイルと同様,以下のディレクトリに保存.
{VC Root}/Include/GL

Advertisements

One thought on “freeglut for OpenGL (GLSL) + Visual Studio 2010 on 64bit

  1. Pingback: 『プログラミング』 Visual Studio C++ 2010でOpenGL « Bayashi's blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s