裏切りの峡谷

裏切りの峡谷
集英社文庫
メグ・ガーディナー

弁護士の資格を持つ作家エヴァンと婚約者である弁護士のジェシー.ジェシーと親友であるアイザックをひき逃げした男ブランドが3年ぶりに姿を現す.エヴァン,ジェシー,アイザックの兄であるアダムの3人は何としてでもブランドを捕まえようとし,ブランドとブランドがかつて働いていた企業マコ・テクノロジーの周辺をかぎまわる内に,何か大きな事件に巻き込まれていく.
途中の痴情のもつれ描写がうんざりだったものの,最初から最後まで楽しく読めた作品だった.伏線を張り巡らせてというタイプではないけど,それでも十分面白い.

内容紹介: わたしの名前はエヴァン・ディレイニー。職業はとりあえず作家。一応、弁護士資格あり。彼氏?ものすごくハンサム。その自慢の彼ジェシーと、彼の親友をひ き逃げした男が3年ぶりに姿を現した。憎いそいつを警察に突き出そうとあちこち探っていくうちに、ほかにも人が殺されて、とんでもない企みが浮き彫りにな り…。エドガー賞受賞も納得のサスペンス・シリーズ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s