ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム
角川文庫
柳広司

前に何かの雑誌で漫画家されていたものを読んだ記憶があり,その時感じた面白さがあったので購入.
戦前の陸軍内で作られたスパイ養成機関ことD機関とそのボスである結城中佐にまつわる短編集.

ただただ面白い.分かりやすくいえばスパイものの小説なんだけど,氷のように研ぎ澄ました頭脳戦とでも言えばいいのか.同じ人間なのかというぐらいの頭脳明晰っぷり.

内容紹介: 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s