デス・コレクターズ

デス・コレクターズ
ジャック・カーリィ
文藝春秋

30年前に行われた裁判で,被告人である大量殺人犯ヘクスキャンプが法廷内で射殺されるシーンから始まる物語.オレンジ・レディと呼ばれる女性が通りで殺され,モーテルで両目に蝋燭が置かれた女性の全裸死体が発見される.カーソンとハリーが後者の事件の調査を進めていき,ヘクスキャンプとこの事件に繋がりがある事が分かってくる.更に調査を進めていったカーソンはデス・コレクター(大量殺人犯に縁の物を収集する人たち)にたどり着く.

話が進んで行くことで,背後に隠されていた壮大な話が徐々に明らかになっていくという,とっても楽しい作品.最後まで読み終わると,作品内に散りばめられた話の中に無駄が一切ないことに気づかされる.

背表紙より: 死体は蝋燭と花で装飾されていた。事件を追う異常犯罪専従の刑事カーソンは、30年前に死んだ大量殺人犯の絵画が鍵だと知る。病的な絵画の断片を送りつけ られた者たちが次々に殺され、失踪していたのだ。殺人鬼ゆかりの品を集めるコレクターの世界に潜入、複雑怪奇な事件の全容に迫ってゆくカーソン。彼を襲う 衝撃の真相とは。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s