百番目の男

百番目の男
ジャック・カーリィ
文藝春秋

ジャック・カーリィのカーソン・ライダーシリーズ第1弾.
冒頭のシーンは司法解剖.病理学者が腸内で見つけた異物が爆発し,彼は指を失う.
異例のハイスピードで制服組から異常犯罪担当部署の刑事へと出世したカーソン・ライダーが主人公.パートナーのハリー・ノーチラスに呼び出される事から事件が始まる.公園で見つかった首無し死体.下腹部には犯人が書いたと思われる謎の文章.司法解剖を行う病理学者はアヴァ・ダヴェネル.彼女は冒頭の爆発事件によって指を失った学者の代わりに雇われた.
カーソン,アヴァはそれぞれ何か秘密を隠しているような雰囲気.この秘密と殺人事件の謎が同時進行で進んでいく.

話の構成が上手く,話が二転三転する度に怪しいと思える人物が変わる.非常に面白い作品だった.何よりも驚いたのは犯人が死体に施した細工の動機.

背表紙より: 連続放火殺人を解決、異常犯罪担当部署に配属された刑事カーソンには秘密があった。誰にも触れられたくない暗い秘密だ。だが連続斬首殺人が発生、事件解決 のため、カーソンは過去と向き合わねばならない…。死体に刻まれた奇怪な文字に犯人が隠す歪んだ意図とは何か。若き刑事の活躍をスピーディに描くサイコ・ サスペンス。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s