ブラッド・ブラザー

ブラッド・ブラザー
ジャック・カーリィ
文藝春秋

本についてる帯に”ディーヴァー,コナリーに比肩.”と書いてあり本屋さんで手に取ってみる.連続殺人犯を兄に持つ刑事が主人公という話が面白そうで読んでみた.

話の作り方がものすごく上手いのは確かにその通り.ただ残念だったのが,どうやらこの一冊はシリーズものの最新作だったこと.というわけで,このシリーズの前作を読んでみようと思う.

背表紙より: きわめて知的で魅力的な青年ジェレミー。僕の兄にして連続殺人犯。彼が施設を脱走してニューヨークに潜伏、殺人を犯したという。連続する惨殺事件。ジェレ ミーがひそかに進行させる犯罪計画の真の目的とは?強烈なサスペンスに巧妙な騙しと細密な伏線を仕込んだ才人カーリイの最高傑作。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s