花の鎖

湊かなえ
花の鎖
文藝春秋

「Book」データベースより:毎年届く謎の花束。差出人のイニシャルは「K」。女たちが紡ぐ感動のミステリ。

梨花,美雪,紗月.3人の女性の話がバラバラに進んで行く.共通点が見えるようで中々見えず,どうにもしっくり来ない.途中である文章をきっかけに全ての謎がつながってくる.自分の推測が正しいのか確認する間も惜しいぐらい早く続きが読みたくなり,最後まで一気に読みあげた.

今までの作品では,どこか読後感にスッキリしない何かがあったが,今回の話はまぁ納得できる内容だったかなと思う.
あらためて思うけど,この人の伏線の張り方と回収の仕方はすごい.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s