警告

警告
パトリシア・コーンウェル
講談社

ベントンからスカーペッタにあてた遺書から始まる今作.
港のコンテナの中で見つかった腐乱死体.いつもとは違う事件現場.今回捜査を担当しているアンダーソン刑事はマリーノではなく,どうも使えなさそうな雰囲気.現場検証の途中で現れた新副署長ブレイはどうも嫌なやつ.現場には”良い旅を,狼男”とフランス語で書かれた箱.インターポールも絡んできて話の展開が読めなくなっていく.狼男とは一体?

今回に限らず,スカーペッタが犯人と対峙するシーンに割く文量が少ない.それに犯人が犯行を行った理由が明らかにされていないのはちょっといただけないかな.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s