Table of ContentsにBibliographyの項目を追加

文書のTable of Contents (ToC)を \tableofcontents コマンドで挿入すると,デフォルトではBibliographyがToCのリスト挿入されない.また,List of FiguresやList of Tablesを,それぞれ\listoffigures コマンド,\listoftables コマンドで表示するようにしても,同様にToCのリストには挿入されない.

解決策は幾つかあるみたいだけど,二つ載せておく.

  1. tocbibindパッケージの利用
    死ぬほど探した結果,一番簡単そうな方法.
    tocbibindパッケージとは,ToCのリストにToC, Bibliography, LoF, LoTを挿入するためのパッケージ.
    使い方は,プレアンブルで
    \usepackage{tocbibind}
    とすればいい.
    ただし,Bibliographyを作成するために何らかのパッケージ(ex. natbibとか)を使っている場合は,
    \usepackage[square,sort&compress]{natbib}
    \usepackage{tocbibind}
    という順番で記述する必要がある.
  2. 泥臭くやる
    以下のようにする.
    \phantomsection
    \addcontentsline{toc}{chapter}{Bibliography}
    \bibliography{mybib.bib}
    \addcontentsline コマンド
    \addcontentsline{file}{type}{text}: fileにtaypeのtextを出力
    1. file
      1. toc: ToC
      2. lof: LoF
      3. lot: LoT
    2. type
      1. toc: chapter,sectionなど
      2. lof: figure
      3. lot: table
    3. text: fileに入れたい文字列

    どうやら,\addcontentsline コマンドだけでは,リンク先のアンカーがずれるそうで,\phantomsection コマンドを入れてダミーのリンクターゲットを作る事で解決出来るらしい.

tocbibindパッケージを使うのが無難かなぁという結論.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s