エコーパーク 上下巻

エコーパーク 上、下
マイクル・コナリー
講談社文庫

ダン・ブラウンのロスと・シンボルは期待外れだったけど,やっぱりマイクル・コナリーは良い.ハリー・ボッシュはどんな時もハリー・ボッシュだと思い知らされた.
二転三転して先が全く読めない展開.全てのピースが収まるべき所に収まった時のスッキリ感.これだよこれ.

唯一つ,今回のラストシーンはちょっと悲しいと言うか後味が悪いものかもしれない.

上巻背表紙より: ロサンジェルスのエコー・パーク地区で、女性二人のバラバラ死体を車に乗せていた男が逮捕された。容疑者は司法取引を申し出て、死刑免除を条件に過去九件 の殺人も自供するという。男の口から語られるおぞましき犯罪。その中に未解決事件班のボッシュが長年追い続ける、若い女性の失踪事件も含まれていた。

下巻背表紙より: ボッシュが探り続ける未解決事件は、ホシとにらむ男とは別人が自供した。初動捜査のミスも浮上し、苦悶するボッシュ。さらにパートナーのライダー刑事に悲 劇が襲う。事件が急展開を見せるなか、自宅待機を命じられた彼はFBI捜査官レイチェルとともに動き出すが…。警察小説の頂点に君臨する傑作シリーズ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s