史記武帝記 3巻

史記武帝記 3巻
北方謙三
角川春樹事務所

帰国後一番最初に読んだ小説だから,興奮しまくりながら読んだ.
今までに引き続き,漢がとにかく押しに押し捲る展開.でも,所々でわだかまりのようなものがある.人の心の複雑な部分が余計な事を考えさせてしまい,その結果・・・
北方小説に出てくるオトコのような死に方に憧れるけど,今回とあるオトコの死に方が信じられないほどアッサリ書かれていて驚いた.

内容紹介: 中国・前漢の時代。武帝・劉徹の下、衛青の活躍により匈奴から河南の地を奪還した漢軍は、さらに若き霍去病の猛攻で、匈奴に大打撃を与えるのだった。一 方、虎視眈々と反攻の期を待つ、匈奴の頭屠。漢飛将軍と称えられながら、悲運に抗えきれぬ李広。英傑去りしとき、新たな武才が現れる–。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s