RAW画像の抽出

一眼レフで撮影した画像からRAW画像(未処理)を抽出したい.
dcrawというものを使えばRAW画像を抽出できると教えてもらった.
シンプルなCのコードで使いやすいよ-と宣伝されているが,こちらのexe形式に変換された方を選択.

色々選択できるみたいだけど,今回はキャノンの20Dで撮影した画像(CR2形式)をシンプルにRAW画像として抽出したいだけなので,以下のようなコマンドに.
dcrawMS -6 -T -W -h -g 1 1 -t 5 Canon.CR2
-6 16bit画像として出力
-T tiff形式で出力
-W 画像の明るさ補正をしないで出力
-h 画像サイズを半分にして出力
-g 1 1 ガンマ変換のパラメータを(1, 1)で出力
-t 5 画像を回転させて出力

で,この変換をフォルダ内の全てのCR2に適用するバッチファイルは,以下のような感じ.
for %%i in (*.CR2) do (
dcrawMS -6 -T -W -h -g 1 1 -t 5 %%i
)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s