Thunderbird 3.0 のインデックス

SeaMonkeyのインストールついでにThunderbirdを3.0にアップデートした.
起動すると,何やら索引というものを作成している.何かひたすら時間かかってる.しかも重そう.挙句の果てにsmapフォルダや過去の遺物メールの索引まで作成してる.
いったい,この索引とは何なのか,調べてみた.どうも,この索引機能によって検索が向上するそう.
でもメールの検索なんて,正直そんなにしない.だいたいどこにどんなメールがあるか知ってるし,まだ4年分ぐらいしかデータ貯まってないし,spam以外のメールはそんなに来ないし.

というわけで,索引作成を止めさせる事にした.
ツール->オプション->詳細->一般
グローバル検索と索引データベースを有効にする(E)のチェックを外すといいらしい.

SeaMonkeyのメーラをメインで使って行こうと考えているんだけど,メール受信時のポップアップが,何通受信したって情報しか表示してくれない.Thunderbirdはメールのタイトルとかまで表示してくれるから便利なんだけど.ウーン,悩ましげだなぁ.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s