Texmakerの設定

可愛い後輩が困っていたので,Texmakerの設定をまとめてみる.
正確には,Texmakerで日本語のtex文書をコンパイルした時の設定かな.
前提として,あべのりさんのTeXインストーラで,C:/tex/以下に全てがインストールされているとする.

  • LaTeX: “C:/tex/bin/platex.exe” -interaction=nonstopmode %.tex
    TexmakerのエンコードがUTF-8だから,以下のように設定した方が良いかも.
    “C:/tex/bin/platex.exe” “–kanji=utf8” -interaction=nonstopmode %.tex
  • dvips: “C:/tex/bin/dvips.exe” -o %.ps %.dvi
  • Bibtex: “C:/tex/bin/pbibtex.exe” %.aux
  • Makeindex: “C:/tex/bin/makeindex.exe” %.idx
  • Dviビューア: “C:/tex/dviout/dviout.exe” %.dvi
  • PSビューア: “C:/tex/Ghostgum/gsview/gsview32.exe” %.ps
  • Pdflatex: “C:/tex/bin/pdflatex.exe” -interaction=nonstopmode %.tex
  • Dvipdfm: “C:/tex/bin/dvipdfm.exe” %.dvi
  • ps2pdf: “C:/tex/bin/pstopdf.exe” %.ps
  • ghostscript: “C:/tex/gs/gs8.70/bin/gswin32c.exe”

気を付けなければいけない点は,Bibtexの設定.2009年の7月ぐらいのアップデートから,従来のjbibtexコマンドはpbibtexという名前に変更された.だから,Bibtexの設定をjbibtexにするとハマる.
あとは,ghostscriptのバージョンは,インストールしたタイミングで変わったりする.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s