旅のいろ

旅のいろ
講談社
北方謙三

パーマをかけるのに時間がかかるので,以前買っておいた本を読んだ.北方謙三の本.
ある女性に関わった男は,人生において何らかの成功を収め,その後死にいたる(もしくは不幸が訪れる).そんな女性に関わった弁護士の話?
物語は(一人称ではないが)弁護士側の視点で進んでいく.物語の終盤に至るまで,その女性が一体何者なのか,何を考えているか全く分からなかった(読み終わった後も何とも釈然としない感じ.人生経験が少ないからなのかな).
物語自体はそこそこ面白い.ああ,北方謙三っぽいなと思わせる部分が随所にちりばめられていて,一気に読んだ.

次は何読もうかな.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s