巨人の星 8話 もえろライバル

はじまりがいきなりナレーション口調.飛雄馬が中三まで話は進む.

舞台は3年A組.いきなり飛雄馬が英語の朗読.大リーグオールスターとの試合の時にリトルジャイアンツすら分からない男だが,中三の時は教科書の英語をスラスラ朗読できるレベルで理解できてた模様.

進学についての話.
紅洋か東都かで進学を迷う同級生.飛雄馬に進学を尋ねるが,飛雄馬は心底悩む.紅洋は花形の入学で人気があるらしい.絶妙なタイミングで紅洋高校野球部がランニングをして現れる.花形が飛雄馬に対して,甲子園で会おうと言ってくる.

飛雄馬が一人でピッチングの練習をしていると,影で見ているのは川上監督のその他一名.飛雄馬は高校進学を一徹に言えないと悩んでいる.

舞台はとある川.一徹が川で顔を洗っていると,横に男が現れて一緒に顔を洗い出す.「川上君」.川上哲治と一徹の話.

家では,明子が進学しなさいと飛雄馬を説得.「私が働くわ.あなたはドンと来いの星飛雄馬でしょ」.飛雄馬もアルバイトすると言うが,そこに現れる一徹.一徹は頑固アルバイトに反対する.巨人の星を目指すために,寝ても明けても野球をやれ,アルバイトなど時間の無駄だと言う一徹.

川原での投球練習中,補給ミスを何度も繰り返す一徹.どうやら川上に巨人のコーチ就任を要請された模様.そして,飛雄馬に高校へ進学するよう言う.

次の日,飛雄馬が起きると既に一徹は出稼ぎに出かけている.明子は高校進学する話を聞き,心底喜んでいる.そこにかけつける工事現場のおじさん.一徹が工事現場で怪我したという話を聞き,急遽病院へ.
二週間は絶対安静とのこと.一徹は帰れと言い放つ.

雨の日.明子が箪笥から何かを出していると飛雄馬が止める.それは母ちゃんの着物だからと.どうやら,明子は着物や服を売って,飛雄馬の学費やら何やらを捻出していた様子.そこで飛雄馬は,学校なんて行くかと.

とある日,花形邸.何故か花形親子と明子で話している.花形が金を貸す話を明子が受け入れる.何でこんな仲なんだろう.

飛雄馬が帰るとおそろそい数のおにぎりを作る明子.飛雄馬が食べようとすると止める明子.このおにぎりは紅洋高校野球部のもの.花形が飛雄馬の学費を貸してくれるから,そのお礼におにぎりを握った明子.それを聞いた飛雄馬が,怒りに任せておにぎりを投げ散らす.

病院に訪れる川上.川上のコーチ要請を引き受ける一徹.

紅洋高校の紅白試合.ものすごい数のギャラリー.何故か花形は三塁手.一塁からの悪送球が原因で,相手に右手を踏まれる花形.思いっきり手が裂けてる.それに気づいた明子は花形の手当てを.そんな中,ギャラリーに飛雄馬が.投手がつき指をして試合終了しそうなムードに.飛雄馬を見つけた花形が,飛雄馬にピッチャーをやらないかと持ちかける.飛雄馬は学費の件もあり,異常に燃える.そんな飛雄馬に,怪我をしている花形に手加減しろと明子は言う.いやだと言う飛雄馬.しかし,紅洋のピッチャーは飛雄馬の全力投球に吹き飛ぶ.そこにタイミングよく現れる一徹.そこで明子が打ち明ける学費の話.飛雄馬対花形.そしてビビるキャッチャー.飛雄馬の葛藤.頭の中で繰り返される明子のセリフ.果たして飛雄馬は・・・こいつはマウンド上で雑念にかられ過ぎ.そんな状況で投げた球を花形は豪快なホームランで返り打つ.ダイヤモンドを走っている途中で花形が聞く.なぜ打ちやすい球を投げるのかと.開き直る飛雄馬に鉄拳制裁.花形は,飛雄馬に対して高校に行って勉強を頑張れと言い放つ.それに対して飛雄馬は学費の融資を断る.お互いに言いたいことを言って分かり合う.それを見守る明子と一徹.

多摩川球場にて,川上にコーチを断る一徹.そんな一徹に対し,川上は飛雄馬を待つと言う.

明子は死んだ母に家族の決意を報告.自分達の力だけで飛雄馬を高校に入れると.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s