巨人の星 12話 鬼の応援団長伴宙太

朝から学ラン姿で投球練習をする飛雄馬.それを迎えに来る明子.一方,伴宙太は木にぶら下げたバーベルを胸で受け止める謎のトレーニング.

いよいよ舞台は青雲高校野球グラウンド.野球部部長の天野先生が野球部の話を始める.未だ甲子園経験が無い青雲高校.そこへ現れる応援団長伴宙太.新入生にいきなりグラウンド50周を言い渡す伴.一人飛雄馬だけが率先して走り始める.10周目で一人目の脱落者が出る.30周目で脱落者がゴロゴロと.天野部長が伴にやんわりと抗議.それに対して,文句があるなら自分に直接言えと言う伴.典型的な独裁者じゃないですか.全国優勝した柔道部に比べれば野球部なんて甘いと言い放つ伴.それに負けるもんかと食らいつく飛雄馬.50周目にして,とうとう飛雄馬も倒れてしまう.負けるもんかと再び走り始める飛雄馬.この時の背番号は15.50周を成し遂げた飛雄馬.それに対して伴は,他の部員に八つ当たり.天野部長は伴を狂犬呼ばわり.部員に水を渡す飛雄馬.いちゃもんをつける伴.伴に尻尾を振る天野部長に対して反目する飛雄馬.

家に帰り,一徹に対して青雲を辞めたいと言う飛雄馬.チームワークを説く一徹.「チームワークとは苦いもんだ,この上も無く苦しいもんだ.血みどろなもんだ,血と汗であがなってこそ,本当のチームワークと言えるんだ.人誰しも長所あり欠点あり,それを補うのがチームワークとすれば欠点に目をつぶり.傷口をなめあってじゃれ取る奴には永久に分からん.行け,飛雄馬.行って互いの傷をえぐり出せ.真正面からぶつかり,苦痛の洗礼を受けてこそお前の頭上に星が輝く.分かるまい,今のお前にそれを望むのはまだ無理だ.」一徹の話は奥が深い.

今にも嵐が来そうな日にスライディングの練習が始まる.止めようとする天野部長に対してお手玉でもやるのですかと言う伴.そして降り始める雨.命令する伴に対して,部長かキャプテンの言う事以外聞けないと言う飛雄馬.天野部長は飛雄馬にスライディングをやるように言う.そして始まる青雲高校野球部スライディング練習.練習中に足を挫いて倒れる青木(17番).青木を医務室へ連れて行こうとする飛雄馬にいちゃもんをつける伴.返って来たら倍練習するからと言う飛雄馬.

次の練習はレギュラーバッティング.新入部員は玉拾い.返球はゴロにしろと指示する伴.腹が立つ飛雄馬だが,一徹を思い出しやる気を出す飛雄馬.外野から投げるゴロでピラミッドを作る飛雄馬.それに脅威を感じる伴.それにすらイチャモンをつける伴.罰としてローラーを引かせる伴.それでも一徹の言葉を思い出し頑張る飛雄馬.実はそのローラーは4人がかりで引くものだった.そこへ戻ってきて飛雄馬を手伝う青木.それに涙する飛雄馬.驚く伴.これが一徹が言ったチームワークの始まりだと理解する飛雄馬.一徹のセリフでエンディング.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s