戦慄 下

戦慄 下
コーディ・マクファディン
ヴィレッジブックス

上巻と比べて,一気に加速した感.今回は全く予測できなかった犯人だった.最後の結末がイマイチ自分の好みには合わなかったが,それ以外はパーフェクトと言っても良いと思う.人を殺すに至った理由,どのように殺したか,これは日本人では書けないだろうなと思わせる文章だった.

次は報復シリーズに手を出そうかな.

背表紙より: リサには大きな秘密があった―それが動画サイト上で、世界に向けて暴かれていくのをスモーキーたちは呆然と見つめるしかなかった。リサの日記を読みあげる “伝道者”と名乗る謎の男。男の告発はリサ一人にとどまらなかった。誰にも知られたくない秘密を告白させられる被害者の百数本にも及ぶ動画、そこには殺さ れた元売春婦ローズマリーの姿もあった。さあ、捕まえてみろとばかりに自ら手がかりを残す犯人、やがて見えてきた人びとを心の闇へ引きずり込む悪夢のよう なシナリオ。かつて類を見ない非情で陰湿な殺人者の挑発に、スモーキーたちは…。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s