0

チンギス紀 二 鳴動

チンギス紀 二 鳴動
北方謙三
集英社

しつこくテムジンの命を狙うタイチウト氏のトドエン・ギルテとタルグダイ.うまく逃れ続けたテムジンだが,弟を殺された後の復讐戦でコテンパンに負けてしまう.しかし,テムジンの行動に感じた民がテムジンの基に集まり,復讐戦の前より多い兵を抱えることになる.

テムジンは単にモンゴル族を統一する,戦争をするだけではない.鉄の採掘や馬匹,鉄鋼所の作成など長期的な戦略を考えている.この方向性を可能としたのがキャト氏に古くから使えてきたチャラカ・モンリク親子.

ジャムカはメルキト族に殲滅されかけたものの,復讐戦前のテムジン軍にたまたま救われる.

内容: 父祖の地に戻ったテムジンは、命を狙うタイチウト氏と対峙する―。同じモンゴル族のタイチウト氏がテムジンを狙っていた。それを知りつつ父祖の地に戻ったテムジンは旗を掲げ、旅先で出会ったボオルチュ、槍の達人ジェルメ、弟のカサルらを連れて草原を疾駆する。父の死で弱体化したキャト氏の威を示し、モンゴル族をひとつにするために。一方、モンゴル族ジャンダラン氏の長の息子ジャムカも、その名声を高めつつあった。怒涛の展開が続く第二巻。 (Amazonより)

0

チンギス紀 一 火眼

チンギス紀 一 火眼
北方謙三
集英社

待望の北方作品の主人公はチンギス・カン!!一気読みする体力がないのでチョコチョコ読み進めたけど,やっぱり面白い

  • テムジンの父イェスゲイはバラバラに生活しているモンゴルの部族を統一しようと活動していた
  • テムジンが許嫁の家で生活をしているタイミングでイェスゲイは殺される
  • タイチウト氏のタルグダイとトドエン・ギルテの2名がタイチウト氏の長になりたい
  • タルグダイはテムジンの母ホエルンが好きで,イェスゲイの死後に結婚を申し込むも断られる
  • 世間はタルグダイが政略結婚を申し込んだものとみなす
  • タイチウト氏(たしかトドエン・ギルテの方)がテムジンの弟を唆す
  • テムジンの弟はタイチウト氏の話に載ろうとするが,テムジンが裏切りに気付き殺害
  • テムジンは砂漠を抜け金国に逃れる
  • テムジン,砂漠の途中でポオルチュと出会う
  • ジャンダラン氏の長の息子ジャムカは,氏族から羊を奪ったメルキト族の集団を殲滅
  • メルキト族の長の一人トクトアがジャンダラン氏の長にプレッシャーをかけ,ジャムカはしばらく飲まず食わずで幽閉
  • 生死の間を彷徨うも生き延びるジャムカ
  • 金国の妓楼で下働きをしたテムジンとポオルチュ
  • 二人を雇ったショウゲンキはテムジンに史記本紀を朗読させる
  • テムジン朗読により歴史を学ぶ
  • テムジンモンゴルに復帰

内容: 父を討たれたテムジン(のちのチンギス・カン)は、独り南を目指す―。テムジンの父シェスゲイは、モンゴル族キャト氏の長であり、モンゴルをひとつにまとめるはずだったが、不意を突かれタタル族に殺害されてしまう。そのときテムジンはわずか10歳だった。モンゴルの主導権をめぐって同族のタイチウト氏が台頭し、弱体化したキャト氏に敵対するようになる。ある事情から異母弟を討ったテムジンは独り、タイチウト氏を避けていったん南の地へ向かうのだが―。 (Amazonより)

0

わたしは人妻風俗嬢

わたしは人妻風俗嬢
加藤文果
イースト・プレス

エロ小説みたいな感じだった.こーゆーんじゃないんだよねー.

内容: 若くもない。巧みなテクニックがあるわけでもない…でも成熟した色気とやさしい包容力が彼女たちにはある。―子供がいるので限られた時間でできる仕事が欲しかった。自分本位な夫とのセックスに嫌気がさして。カードローンの返済のため。…きっかけは様々、だけど、みんな本気で濡れてます!人妻ソープ、熟女デリヘル、回春アロマエステなど…現役人妻風俗嬢20人にディープ取材。その心の内を、エッチな接客の日々を、濃厚に綴った密着ルポ。 (Amazonより)

0

風俗のヘンなお客さん

風俗のヘンなお客さん
桃山みか
イースト・プレス

タイトルに惹かれてAmazon Unlimitedで読んでみた.世の中には変わった人がいるんだなーって思えた.

内容: SM、放尿、逆レイプ…10年前なら珍しかったマニアックなプレイも、気軽に楽しめちゃう時代。そのせいで、今や風俗店には、とんでもないお客が増えているんです!やたらとカラダのパーツにこだわる。目の前の女体に触れもせずひたすら目で楽しむ。ありえない道具を持ち出す―。風俗嬢たちが見た、言われた、プレイした、スゴい性癖の数々。 (Amazonより)