0

機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト

機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト
秋吉理香子
KADOKAWA

「読み終わったら貸して欲しい」と言われて同僚に貸してから返ってこない曰く付きの作品.

秋吉理香子っぽい感じはしなかった.話は面白いけど,これってシリーズ物にしないと中途半端じゃない?って思った作品.

内容: 冷静沈着、超絶美人。敏腕機長にして名探偵―。“キャプテン・ディテクティブ”氷室翼、登場!事件多発の「東京‐パリ国際線」。クルーたちは無事帰還することができるのか!?とびきりポップなトラベル・ミステリ! (Amazonより)

0

棺の女

棺の女
リサ・ガードナー
小学館文庫

かつて400日以上誘拐・監禁されていた女性フローラ.そのフローラが別の監禁犯を殺す所から物語が始まる.

読みにくい部分もあったけど,フローラについてはただただ同情.犯人の動機が語られないという意味で,イマイチ消化不良な作品.最後の方のどんでん返しは面白かった.

内容: ガレージで発見された、黒焦げの男の遺体。殺したのは、男にさらわれ監禁されていた二十代の女性フローラ。現場に駆けつけた女刑事D・Dは、彼女がかつて世間を騒がせた誘拐監禁事件の被害者であることを知る。しかしフローラは、その夜にまたも姿を消す。殺された男に関わり失踪した女たち、娘の身を案じる母親、謎のFBI被害者支援スペシャリスト、フローラを監禁していた男。一見バラバラだったピースがつながった時、あまりに壮絶な四百七十二日の実態が浮かび上がる…。米国のヒットメーカーが新境地に挑んだ、圧倒的カタルシスのハードサスペンス!Amazonより)

0

イヴの迷宮 上・下

イヴの迷宮 上・下
ジェームズ・ロリンズ
竹書房

シグマフォースシリーズの10作目.

強力な戦闘員を作るための遺伝子解析に関する話.アメリカの遺伝学者(双子)の研究を陰で支援していた中国軍の一団が遺伝学者とその研究成果・発見物を奪還しようとする事から話が複雑化する.

シグマが本件に関わるようになったキッカケを忘れてしまった.遺伝学者の研究施設がシグマの本拠地と目と鼻の先にあったからだったっけな?

最後の最後で10年後の場面が描かれるんだけど,話の流れ的にコワルスキは10年以内に死ぬのかな?

内容 (上巻): 遺伝学者レナ・クランドールとローランド・ノヴァク神父は、クロアチアの洞窟でネアンデルタール人の遺骨らしきものと壮麗な壁画を発見するが、謎の一団の襲撃を受けて洞窟内に閉じ込められる。シグマフォースのグレイ・ピアースとセイチャンによって救出されたものの、遺骨は奪われてしまう。遺骨の謎を探るため、グレイたちはアタナシウス・キルヒャーという十七世紀の神父が残した手がかりを追う。一方、アメリカにいるレナの双子の妹マリアは、調査に訪れたジョー・コワルスキと飼育しているゴリラのバーコとともに、中国人の一団に拉致されてしまう。ネアンデルタール人の遺骨と北京で行なわれている謎の実験の関連は何なのか?物語の前日譚に当たる短編『ミッドナイト・ウォッチ』も収録。 (Amazonより)

内容 (下巻): 北京で監禁されたコワルスキとマリアは、中国人民解放軍の劉佳英少将による北京動物園の地下施設でのおぞましい研究を目の当たりにして、バーコが実験台として使用されるのを阻止しようと試みる。その頃、グレイたちはアタナシウス・キルヒャー神父の足跡を追って、南米エクアドルのジャングル奥地に向かう。だが、そこにも中国の放った追っ手が迫りつつあった。コワルスキたちを救出するため北京に飛んだモンク・コッカリスは、地下の秘密施設への潜入に成功するが、そんな彼らの前に最強の生物が立ちはだかる。五万年前にホモ・サピエンスの知能が突然に進化した「大躍進」と、エクアドルの洞窟はどう関連しているのか?その進化が導く人類の未来は、必ずしも輝かしいものとは言えないのかもしれない。 (Amazonより)

0

池上彰のニュース そうだったのか!! 3 これくらい知っておきたい「戦争」の基礎知識

池上彰のニュース そうだったのか!! 3 これくらい知っておきたい「戦争」の基礎知識
池上彰
SBクリエイティブ

身近なようで遠い戦争について.

やっぱりドイツを参考に第二次大戦に真の終止符をうつと共に,失われつつある戦争の記憶を継承していかなければいけない.

0

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる

お金の流れで探る現代権力史 「世界の今」が驚くほどよくわかる
大村 大次郎
KADOKAWA

同一著者の別の本を買った記憶があるんだけど,この本は分かりやすかった.近代~現代の各国の関係が非常に分かりやすく解説してあった.

やっぱり世の中金だね.

内容: 元国税調査官が「世界の近代~現代」にガサ入れ。「お金の流れ」が、歴史をわかりやすくし、そして“複雑”にもする! (Amazonより)